翡翠買取の心得

翡翠の情報が満載!

このサイトでは翡翠について幅広く紹介していき、大きさや色はグリーンとラベンダーの2色があること、中国では琅?と呼ばれて珍重されているなど知っておくとお手元の品の価値を知る、求める時に役立ちます。
さらに買取に傷はどのくらい査定額に影響が出るのか、よくあるトラブルについても説明いたしますので参考にしてください。
宝石独自の価値や特徴を正しく知っておくことで、購入はもちろん手放す時の手助けとなってくれます。

中国では翡翠を琅?と呼ぶ!珍重される理由とは?

中国では翡翠を琅?と呼ぶ!珍重される理由とは? 深みのある緑色の美しい宝石である翡翠は、古来から東洋ではとても人気が高いです。
日本では国石として選ばれていますし、中国では琅?と呼んで珍重されています。
琅とは澄み切った色をした玉石という意味を持ち、宝石の中の宝石といっても過言ではありません。
「東洋の宝石」と称されるほどで、アジア圏で発掘された埋蔵品を見れば、宝飾品にどれも翡翠が使われていることが分かります。
歴史的にとても古い宝石で、単なる美しい石ではなく呪術的なお守りとしても重宝されてきて、今も中国では人気が高いです。
ただ買取に関してはいくつか注意点を知っておきたく、翡翠にはジェダイトとネフライトに分けられて、それぞれ査定額が変わってきます。

翡翠の琅玕は大変貴重で、査定で高く評価されます。

翡翠の琅玕は大変貴重で、査定で高く評価されます。 翡翠は緑色の古めかしい石と想像されがちですが、実際は橙、黒、白と いろいろな色のものがあり、また硬度もそれぞれ違います。
しかしその中でも 琅玕と呼ばれるものは大変高価で査定で取引されるものの中でもっとも 貴重であり、高価です。
普通翡翠は不透明でにごっていますが琅玕は透明度が きわめて高く、青みを帯びた優しい緑色をしているのが特徴です。
もともと翡翠は古来中国で玉と呼ばれ、権力者たちが装飾や護符として身に着けて いたものでした。
しかし中国では硬玉しか取れず、ミャンマーやビルマで軟玉が採掘 して輸入されるようになると、朝やカナ色をしたものが人気を呼ぶようになりました。
中でも琅玕は質が高く、高く取引されるようになったのが始まりです。
たとえ加工されブローチでもリングについたものというように形状がどのように変わっても、 石の質は変わりません。
また大きさも小さいものでも本物であると査定した結果で分かれば、 かなりの額で買い取ってもらうことができます。
それだけマニアやコレクターがいて 手に入れたいという方がたくさんいるのです。
ただ珍しいというだけではなく、 宝石として質がよく、価値が高いことが証明されているからこそ、求める方が多くいるのです。

翡翠の情報サイト

翡翠の買取査定を頼む

copyright (C) 2018 翡翠買取の心得. All Reserved.